がん保険の入院給付金が日数無制限に騙されるな。現在はステージ4でも2週間で退院させられる

日本人の死亡の原因の1位はがんです。

保険に入ってないと不安になりますよね。

テレビのCMなどで入院給付金が無制限をアピールする保険会社が多いです。

がん保険を検討している人々には低価格で非常に魅力的に見えますが、入院給付金無制限には、からくりがありました。

がん保険の入院給付金が無制限はからくりがある

がん保険を検討されてる人がなぜがん保険を検討するかというとがんになれば治療や入院にお金がかかるからそれを保険でカバーしたいという思いからがん保険を検討します。

入院給付金が無制限だと1日5000円くらいもらえたら個室の豪華な部屋でない限り保険で入院費をカバーできると安心します。

しかし、そもそもがんになって入院てどのくらいになるかご存じでしょうか?

ひと昔まえのがん治療では長期の入院をしなくてはならず何カ月、下手をすると何年も入院しなくてはと思っておられる方にしたら入院給付金の無制限支給は非常に魅力的に見えます。

しかし、まだなってもいないがんの治療がどんなものか、どのくらいの期間入院して費用はいくらかなど知識がないため、長期の保証があるかのような保険の宣伝に騙されてしまいます。

進化しているがん治療

現在、がん治療は非常に進んでおります。

病院で治療時間が非常に短縮されており、手術や抗がん剤治療を集中的に行い、それが終了すると自宅療養とし通いで引き続き治療します。

友人の父親がステージ4の大腸がんで診断されて12時間ほどのかなり長い大手術を受けられました。

抗がん剤治療は年齢が高いため体力を消耗する抗がん剤治療はせずに手術のみの治療となりました。

12時間に及ぶほどの大手術を受けても入院はたった2週間で退院し自宅から病院に通う治療に変わり定期的に病院通院する治療を受けられています。

ステージ4のがん患者ですら手術や抗がん剤治療が終われば自宅療養に切り替えられます。

言い方は悪いですが退院させられるのです。

1日5000円の入院給付金を14日もらえば70000円です。

がん保険を検討されてる人が長期を入院費を保険でまかなえると思い保険に入られるかもしれませんが

実際は2週間ほどで治療を終え退院します。

つまりほけん会社が無制限をアピールしても実際はたった2週間ほど給付金を払うだけで済みます。

無制限という言葉のマジックですね。

がん保険を検討されいる場合入院給付金が無制限というのはあまり、おいしい条件でないことを覚えておいてくださ。

入院給付金が無制限より大事な先進医療治療の方法

がんになって手術をしても抗がん剤治療をしても大体2週間ほどで退院します。

がん保険を検討するに当たり、入院給付金が無制限より大事な条件があります。

保険適用外の先進医療の治療を受けるために保険でカバーできるかどうかということが大切なんです

生きるためには最高の医療を受けたいですよね。

健康保険だけでは先進医療はカバーしてもらえず、そのときにがん保険に入って先進医療受けることがきたらどんなに良いでしょう。

地獄の沙汰も金次第とはよくいったもので良い治療を受けるにはお金がかかることを覚えておいてください

どのような保険が良いか

友人はがん保険について入院給付金が無制限の条件よりがんになれば一律に一時金として数百万でるようながん保険が本当にがんになったとき助かった思うと教えてくれました。

がんになったら一律に一時金を払う保険は入院給付金が無制限をアピールしている保険より随分と価格が高くなりますが実際にがんになったとき役に立つ保険でなければ意味がありません。

友人の家はがん家系で友人の母親も乳がんになったことから友人はがん保険を調べ上げどのがん保険ががん患者になったときに有効なのかということです。

参考 新がんベスト・ゴールドα富士生命

 

この保険にぜひ入ってというわけではありませんが、上記のような保険の条件のような一時金を最初にもらうタイプの保険がいかにがん治療を安心して受けれるかにつながります。

テレビに入院給付金が無制限をアピールしている数千円の保険では先進医療は受けれないのです。

お守りのような使えないがん保険は加入しても意味がありません。

がん保険に入るか入らないかの選択

しっかりしたがん保険に入るにはテレビのCMで宣伝してる保険より高くつきます。

保険はあくまで保険です。自分の家系ががん系であった場合はご自身ががんになる場合もありますし

家系にがんになった人がいなくてもご自身ががんになる可能性もあります。

いつ、どのタイミングでがん保険に入るかはご自身の決断でしょう。

がんにならないことが一番ですが不安のある方はやはり治療を安心して受けることのできるがん保険に加入されることをお勧めします。

がんになるかならないかは本当に誰にもわかりません。

がんの治療も現在はかなり進んでいてすでに不治の病ではなくなっています。

がんにならないように普段の生活に気を付けること

定期的な健診を受けられること

ならない予防になる生活を心がけることががんにならないための一歩でしょう

 

がん保険に入るなら
がんになったとき最新の先進医療を受けれるように保険を準備すること。

たった一度切りの人生ですから後悔のないようにしたいですね。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です