収穫量を上げるための家庭菜園の種と苗の選び方!何処でどんなものを選ぶべきか教えます

家庭菜園をする上で、種と苗の選びは重要です。

最も育つ条件のそろった種と苗を買いに行きましょう。

我が家では種類によって苗を買って育てるものと種を発芽させて苗を作り育てる2通りの方法で野菜や果物を育てます。


種からか苗からかの選択

選択の基準は難易度の低いものは種から育て、難易度の高いものは苗を買って育てることをお勧めします。

種から育てるのは青菜や大根系の根野菜がお勧めです。

種類でいうとサラダ菜、春菊などの青菜系とラディッシュや大根などの根野菜です。

種からまいた大根。

苗から買って育てた方が良いのはトマト、キュウリ、ゴウヤ、メロン、イチゴなどです。

苗から育てたトマト


実のなる野菜やは苗を買って育てましょう。成功率が上がります。

ホームセンターの購入は避ける

良い種と苗を見極めるは少々経験が必要です。

経験から言うとホームセンターの苗は良くありません。

すべてのホームセンターの種や苗がいけないと言い切れませんが、結構な確率であまり成長せず収穫できませんでした。

理由は十分な世話をされておらず店に何日も置いておかれると苗は弱っているからです。

種と苗の専門店から購入することで収穫量が上がりました。

 

信頼できる専門店で購入する

 

専門店で購入したキュウリ、なすび、トマトの苗(交配や接木がされたもの)

 

専門店の苗はケアと世話が行き届いていてコンディションが良いです。

専門店のお店の種や苗は、少々値段が高いと思われるかもしれませんが、ここは豊作にするための先行投資で少々値段が高くても品質の良い物を買いましょう。

私が信頼できるブランドはタキイ種苗です。

専門店には品種を交配した苗や接木の苗があります。

交配品種は文字通り品種を掛け合わせたものです。

接木とは二つの植物を人工的に茎を付け替えて一つの苗にしているものです。

どちらも丈夫で病気になりにくく育てやすく作物の味も良いです。

インターネットでも購入できますが自分の目でみて元気な苗を選びましょう。

種の選び方

  • 信頼できるブランドを見つける
  • 種の製造年月日をチェックして新しい種を買う
  • 保存状態の良い種を選ぶ

種は信頼できるブランドの新しい種を選びましょう。

私がタキイ種苗を知ることができたのは菜園仲間からの情報でした。上手に育てる人からブランドを教えてもらうのも良いでしょう。

有名なブランドはタキイ種苗の他にサカタやトウホクも有名です。

ブランドを決めて種を選ぶ際にパッケージをよく見てください。

種のパッケージにいつ種を取ったのかチェックし、なるべく新しい種を買いましょう。

古い種は発芽率が低くく、できるだけ種は前年に取った種を購入することで発芽率が上がります。

種は保存状態も大切で保存状態が良くないと種は死んでしまい発芽しません。

種は湿気が多い場所と直射日光が当たる場所で保管されると品質が劣化します。

野外においてある種より屋内で販売されているものが良く、種のパッケージが古ぼけている種は避けましょう。

すべての条件を満たす良い種を購入してください。

上級者になれば自分で収穫した種をまいて自分で種から育てるのも良いでしょう。

発芽率を上げるために我が家では種をまず、冷蔵庫に入れて冷やします。

種に今は冬なんだと思わせて冬眠させてやり、その後に冷蔵庫から出して種に冬が終わったと感じさせて、発芽するタイミングの状態にします。

冷蔵庫から出した種を良く見て、欠けているものや虫食いの種は取り除いて常温の水に1日つけてください。

その種たちの中でも水に浮く種はもう生きていない可能性が高いのでり除いてあげてください。

水に沈んだ種を植えてやりましょう。

 

苗の選び方

  • 活きの良いもの
  • 茎がしっかりしているもの
  • 色鮮やかなもの
  • 葉が虫に食べられてなもの
  • しっかり根がついているもの

 

苗も種と同様に仲間から情報を得てタキイ交配のお店を教えてもらいました。

種とは逆でよく日光の当たる場所に置かれている活きの良い元気な苗を選びましょう

ポイントは茎が太くてしっかりしていて茎の間隔が短いものを選びましょう。

茎が細いと成長するにつれ頭が垂れて大きく育たず実がつきません。

葉の色も鮮やかなものを選び、枯れかかっているような色の葉の苗や葉が虫に食べられた苗は避けます。

虫がついていれば葉が食べられてしまい、成長せず枯れてしまう上、その他のコンディションの良い苗にも虫が移動して成長を妨げ害が広がります。

根もポッドにしっかり根づいているものを選びます。

根は苗に栄養を運び成長に直接、成長に影響が出ます。根が太くてボリュームがあるものを選びましょう。

ポッドの土は乾きすぎても、水びたしでも良くありません。乾いている土は苗が枯れてしまいますし、水切れの悪い土は根腐れが起こります。

ポッドの穴がしっかりあいていて水はけの良い苗を選んでください。

苗が健康な状態で育っているものを選んでください。

購入した苗はすぐに畑には植えず、しばらく近くにおいて世話をして様子を観察してください。数日間、元気で成長していれば畑に植えてやりましょう。

良い苗をしっかり時間をかけて選んで菜園を豊作にしましょう

 

※購入した苗のポッドは捨てず種から苗を作るときに再利用するために捨てずに置いておきましょう

まとめ

  • 種から育てる野菜は青菜系と大根などの根野菜が良い。
  • 実のなる野菜や果物は苗から買う。
  • 信頼できる店舗で直接よく状態をチェックして購入する。
  • 価格はケチらないこと。
  • 改良された品種や接木の苗が良い。
  • 種は取った月日をみて新しいもの買う。
  • 活き良い茎のしっかりした水はけの良い苗を買う。

以上のことを踏まえて良い種、苗を選んで大きく育てれば大きく成長し満足のいく結果が得られます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です