1度食べたら作らずにいられなくなるとっても簡単にできる酵素液で作るローチョコの作り方!

市販の酵素液ブームがすこし過ぎ去って家に余っていませんか?

酵素液の甘みを活かし、ローな材料でつくればオーガニックローチョコです。

ロー素材でなくてもできます。

とても簡単に出来ますのでぜひ挑戦してみてください

酵素液がなくてもアガシシロップで代用できます。

材料 粒チョコ25個くらい

  • ローカカオバター 100g
  • ローカカオパウダー 50g
  • 酵素液(原液)アガシシロップ代用OK 50g
  • 天然潮 少し
  • バニラエクストラクト(バニラエッセンス)数滴

作り方

  1. カカオバターを細かく刻み、ステンレスのボールにいれて60℃くらいの湯銭にかけます。
  2. カカオバターの温度は45℃くらいをキープしながら溶かします。温度計は必要ですので常に温度計をボウルに入れたままにして温度を見ておきましょう。水が入らないように気をつけましょう。
  3. カカオバターと酵素液を少しづつ入れてよく混ぜます。(酵素は湯銭で人肌くらいの温度で温めておくとよい)小さな泡だて器でよく混ぜると口どけのよりなめらかなチョコレートになります。
  4. 材料かしっかりとけたら氷の入ったボウルにチョコレートの入ったボウルに移動させ25℃くらいまで一旦温度を下げる
  5. 温度が下がったらもう一度湯銭のボールに戻して30度まで上げる
  6. しっかりテンパリング(とにかくよく何回もまぜる)
  7. 艶がでてチョコが光ってきたら(30度になったら型に流しいれて冷やして固める。

応用編

ナッツとデーツをまぜてチョコにまぜて丸くして冷やして固めるとトリュフになり、とても美味しいです。

応用編の材料

  1. ナッツ3種 無塩のもの 100g
  2. デーツ 100g
  3. カカオパウダー 大さじ2

作り方

  1. 応用編の材料をフードプロセッサーにいれて混ぜる。
  2. 基本のチョコレートにいれて混ぜる。
  3. 固まってしまう前に直径3cmくらいに丸めていく
  4. カカオパウダーをバットにいれて丸めたチョコの周りにコーティングする

ほんとに簡単にできてとても美味しいです。

ぜひ作ってみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です