束縛のキツイ小泉京子さんと豊原さんは同性解消?!略奪愛のその先に二人の未来はどうなるのか?

小泉京子さん(53)と豊原功補氏の恋愛関係を公表して1年3か月後の現在は豊原氏が小泉京子さんの家の近くに「仕事用の部屋」を借りて住んでおり現在は別居しているらしい

仕事とプライベートもずっと一緒じゃ息が詰まってしまう

小泉京子さんは所属事務所から独立し舞台の企画制作会社『明後日』の社長を務めている。

5月25日から東京の紀伊國屋ホールで始まる舞台の後家安とその妹の企画・脚本・演出・出演の4役を務めるのは、恋人で俳優の豊原功補(53)

一緒に住んで会社で仕事もべったりでな同棲生活ってしんどそうですね。実際、豊原氏のプライベートにまで口を出すようになり小泉京子さんの束縛がきつ過ぎてようで小泉京子さんの自宅から徒歩10分近くの場所のマンションに住んでいるそうだ。

略奪愛って人から奪ったものって相手が次に誰かをみつけて自分を裏切るかもしれないと思えてしまうのか愛してるけど信じてないのでしょうね。束縛がキツイのはそんなことがあるからかもしれないですね。自宅から10分だと近いし目の届くところに住んでるという安心感もあるしお互いの距離を適切に保つには良い距離なのかもしれません。

もうすでに夫婦のような二人の空気間

愛の巣を“飛び出した恋人”を仕事場まで追いかけてきた小泉。だが、その献身ぶりはまだまだ“序の口”で――。稽古を終えて2人がスタジオから出てきたのは、午後7時半過ぎ。小泉が車に乗り込んでエンジンをかけ、しばらくすると豊原が助手席へ。小泉の運転で発車すると、20分ほど走ってコインパーキングに停車した。

車から降り立った2人が向かった先は、帰り道にある老舗焼き肉店だった。席につくと、小泉はウーロン茶、豊原はマッコリを注文。2人で仲良くサラダを分け合っている。注文した肉がテーブルに並べられ、豊原がせっせと焼いていく。いっぽう小泉はほとんど焼き肉に手をつけず「あの映画、観た。悪くなかったけど……」と、映画や小説などの話題を振っていた。

食事が終わると、2人でタバコを一服。そんな沈黙の時間も自然で、長年連れ添った夫婦のような雰囲気だ。会計時は、当然のように小泉が財布を出す。小泉がレジで支払いをしている間、豊原はトイレに立っていた。約2時間後、店を出た2人は、また車に乗りコインパーキングを発車。帰りも運転するため、小泉は食事中もアルコールを我慢していたのだろう。

この記事の文章を読むと一緒に住んでいないののの二人はまるで夫婦のようです。落ち着いて食事をして仕事の話をして献身的な妻である

仕事も裏方に徹しており芸能活動も現在はあまりしていないようだ。

焼肉の食事のあと豊原氏をマンションまで送っている。

一緒に住んで同棲を続けるより少し距離を置いたつきあいのほうが今の二人には懸命のようです。

同棲を続けることで関係が破綻するよりは距離を保ち付き合い続けることに小泉京子さんは妥協したのでしょう。たしかに二人の関係を良好に保つには懸命な選択だと思います。

喧嘩してもめて別れるよりは近場にお互いの行き来できる距離に住んだ方がもめごとは避けられる。

略奪愛のその先に明るい未来が訪れるのでしょうか?

豊原さんは現在奥さんと別居生活5年目に突入します。協議離婚には別居5年というのが有利な条件であるので今後豊原氏が結婚生活をどのようにもっていくかで二人の関係も進展すると推測します。

小泉京子さんも今年の5年目の別居で豊原さんが結婚生活に区切りをつけることを望まれているのでひすたすら耐えてる状況でしょうか?

略奪愛の先の二人にはどんな未来が待っているのでしょうか?

今後の二人の動向に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です