佐藤浩市さんが首相揶揄をした?結果、大炎上に発展してしまった! 激キレする心理とは?

佐藤浩市さんが首相揶揄をして大炎上になっています。うかつな発言が命とりになる、この世の中本当に怖いです。

悪意があったとは思わないが結果的にNGな選択

佐藤浩市さんは首相役で映画「空母のいぶき」5月24日公開を前に原作の連載をしていた漫画誌のビックコミックのインタビューで安倍首相を揶揄したようは発言をしたため世間か非難を浴びて炎上しているのだか首相の持病の病気を自分の役に組み込んだのがそもそも揶揄していると思われた原因のようです。

佐藤浩市さんの発言がそういうつもりだったのかどうかの真意はわからないが有名人の発言は自分自身を守るために慎重になるべきであると思います。

後に謝罪会見など開く芸能人はそのつもりがなかった発言ですら世間で詫び会見をしなきゃならないシビアな世の中なわけです。

社交辞令のうわっつらなことばかり言っていればいいのか?安全なのか?とも思いますが私が芸能時なら自虐的なことは良しとしても他人のこと揶揄していると想像されるようなことは言わないと思います。

攻撃されるような地雷をわざわざ踏まないでしょう?おそらく佐藤浩市さんも首相を揶揄するつもりでそんなこといってなかっただろうと思います。

百田尚樹さんがゲキキレ!自分がバカにされたと思ったに違いない

三流役者が、えらそうに!!
何がぼくらの世代では、だ。
人殺しの役も、変態の役も、見事に演じるのが役者だろうが!

佐藤さんのコメント見て百田さんが怒りのTwitterの文章です。

佐藤さんは百田さんの名前を出して何か言ってるわけではありません。しかし言われた方としては

俺の作品をバカにしている→俺をバカにしている→バカヤロー佐藤浩市、三流役者のくせにとなったのであろうと思います。

これって自分をバカにされたと思う人が起こす逆切れなんだと思います。

誰かが何か言ったときそれを悪く取ってしまうときってありませんか?

私にも時々あります。職場や家族や友人など身近な人間関係であれ?イラっって来ること多いんです。

どうしても言いやすい家族には言い返したりしてしまってました。

それって強烈な認知の歪みなんだと最近知りました。

誰かの発言を全部なんでも悪くとってしまいます。

この生きにくい時代誰しもがストレスを抱えています。心に怒りを抱えていきてるんだと思います。爆弾を抱えて生きてるようなものだと思います。

その中で自分の中でこれは100%相手が悪く自分は被害者だと認定するようなことがあれば自分は正しいと全力で相手攻撃するのです。

自分は間違ってない相手は全部悪い!その強い信念が相手に何を言ってもいいということに自分の中でなっていて言われた方がどう思うかなどと思う余裕もないくらい相手を攻撃してしまうんです。

ある意味現代人の心の病ではないでしょうか?

百田尚樹氏も怒りのTwitterを上げたがのちに新作の担当者にこんな美しい小説を小説をかける人がTwitterで暴言を吐くなんて悲しいです。

と言われ気持ちが静まったようです。百田尚樹さん冷静になってすばらしく大人です。自分のしたことを反省しもうしないと宣言までされいます。

百田さんは築くのがとても速かったです。他人の意見を受け入れて自分が良くなかったこと世間に伝える勇気のある方で本当に素晴らしいかったと思います。

どんな批判も非難も冷静に物事を客観的にみて訴えるべき

佐藤浩市の発言に幻冬舎社長の見城 徹氏のTwitterのコメントが冷静で自分の意見を率直に述べている

演じる対象に批判や悪意があるなら、そのように演じるだろう。それは役者の勝手だ。インタヴューで自分の主義・主張を語るのも構わない。しかし、「出演するのに抵抗感があったから、首相役をストレスに弱く、すぐにお腹を下す設定にしてもらった」と語るのはどうだろう?そんな映画、観たくもない

直接自分に関係ないからかもしれないがこれくらい客観的に物を見て冷静にコメントしてますがおっしゃられる通りである。どんな意見も冷静に述べれば炎上しないのである。

認知の歪みを治すには

認知の歪みを治すには自分が幸せだと感じる生活をし他人を思いやれる余裕が必要です。

自分が幸せなら誰かに何か言われても怒りもコントロールでき冷静な対応ができるのだと思います。

自分の中にある怒りの爆弾を一つづる爆発させず処理してやれば他人をむやみに攻撃することはなくなるでしょう。

思ってること何でもいっちゃいけない怖い世の中であることは間違いないです。

また自分が何か言われたとき冷静に対応できる余裕も必要です。

佐藤さんも素晴らしい役者さんですし炎上発言は少し軽率でしたが今の日本を何か起こると皆が攻撃する集団攻撃が怖いです。このことで心が折れないようにしていただきたいです。

百田さんのように自分の行き過ぎた行動をすぐに振り返ることができるのも本当にすばらしいです。

自分の怒りのコントロールと認知の歪みをなくすことが現代社会では必要になっています。

芸能人でなくともこのことに気を付けていればトラブルは回避できるのではないでしょうか?

とはいえいつでも売られた喧嘩は買うぜというばかりでファイティングポーズ取って待ち構えてる人も多いので地雷は踏まないように普段の言動に気を付けるべきですね。

自分が何か言われた立場であれば感情のまま相手に思ってることをいうのではなく一旦冷静になって落ち着いて思っていることを言えばトラブルは減るだろうと思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です